ネジテツコンを柱部材の周囲に取り囲むよう配置する耐震補強工法

鋼材を柱部材の周囲を取り囲むように配置し、その端部を柱の隅角部で定着することにより、十分な耐震性能を与える耐震補強工法です。特に、高架下を利用している箇所で壁などの支障物がある部分で優れた施工性、経済性を発揮する工法です。

特長

1.コンクリート構造物の耐震性能を高めます。

2.短工期での補強が可能です。

  • 乾式工法なので養生期間がいりません。
  • 部材が小型軽量のため重機が必要ありません。

3.工費を大幅に削減できます。

  • 狭隘地での補強は従来工法に比べて大幅なコストダウンが可能です。

4.壁付柱の補強が容易です。

  • 壁があっても補強鋼材の通る穴があれば施工が可能です。

工法概要

1.補強方法

  • 鉄筋コンクリート柱外周にねじふし棒鋼を配置し、柱四隅で定着します。

2.補強性能

  • 柱のせん断補強およびじん性補強となります。鋼板巻き補強と同等以上の耐震性能を有します。

3.適用箇所

  • RC高架橋柱、橋脚、建物柱等で狭隘な箇所および障害物のある箇所の耐震補強。

4.施工手順

  • 施工はとっても簡単!わずか3stepです。

     (1)柱表面清掃

     (2)定着部材設置

     (3)鋼材締め付け(重機不要)

5.補強部材

  • ねじふし棒鋼(JIS G 3112、 SD390、 D32)
  • コーナー支持材(JIS G 5503 オーステンパ球黒鉛鋳鉄)
  • ねじふし棒鋼用ロックナット

お問合せ先

当工法は、下記鉄道ACT研究会会員に実地許諾されております。

鉄道ACT研究会事務局

〒171-0021

東京都豊島区西池袋1-11-1 メトロポリタンプラザビル16階

TEL 03-6709-0988 FAX 03-6709-0989

販売元

東京鉄鋼グループ

東京鐵鋼土木株式会社

〒102-0071

東京都千代田区富士見二丁目7番2号

ステージビルディング10階

TEL 03-3230-2741 FAX 03-3230-2844

製品カタログ・製品関連資料

リーフレットをご希望の方は、以下のPDFファイルをダウンロードしてご利用ください。

製品に関するお問い合わせ

 

この製品に関するご質問・ご相談は、右のフォームより

お問い合わせいただくか、以下の電話番号にお掛けください。

東京鉄鋼土木株式会社 TEL:03-3230-2741

お問い合わせフォーム